作業費以外は0円!どこよりも安く、不用品・粗大ごみを回収いたします!まずはお気軽にお問い合わせください。

【受付時間】9:00~20:00
0120-07-2158
webからのお問い合わせ LINE@追加
  • 電話 0120-07-2158
  • webからのお問い合わせ
  • LINE@追加

top > コラムリスト > 不用品回収で確認しておきたいこととは

不用品回収で確認しておきたいこととは

依頼する前に確認しておくべきこととは

 依頼する前に確認しておくべきこととは


自宅にあるゴミを処分する方法はいくつかあります。
基本的には、行政サービスや不用品回収、リサイクルショップなど業者や店舗に引き取ってもらう形になりますが、どこに依頼するか決める前に確認しておきたいことがあります。
一つは、どのようなモノを捨てるのか把握しておくことです。
依頼先によって引き取ってもらえないものがあるため、まずは自宅にあるゴミを全てチェックする必要があります。
冷蔵庫やエアコン、洗濯機、テレビなどのリサイクル対象品目を手放したい場合は特に注意が必要です。
自治体では粗大ゴミを扱っていますが、リサイクル対象品目は引き取ってくれません。
そのため、販売店や家電量販店、不用品回収業者に依頼することになります。
また、中には分解しなければ粗大ゴミとして捨てられないものがあることや、サイズによって捨て方が異なるため、事前に粗大ゴミのルールを確認することが大切です。

すぐに捨てたいものかどうか


急いで捨てたいものもチェックしておきましょう。
引っ越しをする際に家具、家電を買い替えることがありますが、退去日までに捨てなければ新居に使わないものを持っていくことになります。
無駄な手間がかかるため、引っ越し前に捨てたいと思うひとが多いのではないでしょうか。
その場合は、すぐに引き取ってくれる方法を選ぶ必要があります。
行政サービスは日時が指定されるため、自分の都合に合わせて処分ができないため要注意です。
リサイクルショップでは、壊れているもの、傷み具合がひどいものは引き取ってくれない可能性が高く、査定をお願いしても再び自宅に持って帰ることになったというケースも少なくありません。
リサイクルショップで買取りができなかった時は、別の方法を検討しなければならなくなるため、引っ越し日に間に合わない可能性が出てきます。
最もお勧めの方法は不用品回収業者に依頼することです。
リサイクル対象品目や壊れているものも問題なく引き取ってもらうことが可能で、日時の希望があれば対応してもらえます。
さらに、自宅まで取りに来てもらえるため手間、時間がかからないのです。
このように、どのようなものを処分したいのか、いつまでに捨てたいのかなどを確認した上で最適な方法を選択する必要があります。